2015年06月15日

にきび痕を予防する方法


 お肌ににきび痕ができてしまうのは、にきびの症状が非常に悪くなった時です。ですから、にきびを悪くしないことが重要になります。


にきび痕をつくらないためには、にきびができないお肌になることです。10代のうちは、ホルモンの働きによってにきびが発生しやすいお肌になっていますので、その時点から対処しましょう。


洗顔ケアをしておけば、肌の状態をよりよく維持てきます。かといって過度の洗顔は皮膚に負担となり、にきびができやすい皮膚環境を作ってしまうことがあります。肌との相性がいい洗顔料を選び、正しい方法で洗顔を行います。



 皮膚のためには、適度な運動で代謝を上げ、体にいい食事をして、ストレスを溜め込まず、睡眠時間を維持することも大事です。皮膚の乾燥予防には、紫外線対策も大事です。


お肌ににきびができたら、触ったりつついたりせず、きれいな状態にしておくようにします。にきび痕にしないためには、にきびをいじり倒すなどして破ってしまわないことです。


にきびのケアには、エッセンシャルオイルなども効果的です。殺菌効果のあるティートリーなどのエッセンシャルオイルをにきびの炎症箇所に直接つける方法や、エッセンシャルオイルを加えたスチームバスの蒸気を肌にあて、皮脂の詰まりを解消するという方法もあります。



posted by only-m at 11:43| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。