2015年10月07日

刺激が少ないクレンジングジェル


寝る時にメイクを落としておくことは、肌への負荷を軽減するためになくてはならないことといえます。化粧落としは洗顔石鹸でもある程度はできますが、クレンジングケアはきれいにメイクを落とすためには必須です。


日中の活動や汗でメイクが落ちないように、最近のメイクは色々な細工が施されています。従って、洗顔剤を使って顔を洗う程度では、思うように化粧を落とすことが困難になっているわけです。


近年、化粧落としにクレンジングジェルを使う人がふえています。ジェルなので顔全体にしっとりと広がり、メイク汚れを浮かせて落とすことができるので、洗い上がりもさっぱりするものです。


クレンジングジェルは、オイル入りの油性ジェルタイプとオイルフリーの水性ジェルタイプの2種類に分けられます。オイルフリーの水性ジェルは一切油分を含んでいないクレンジング剤で、肌に優しい化粧落としが必要な人向けです。


水性ジェルのクレンジングで、オイル成分を含んでいるものは、あまり濃い化粧をしていない人のメイク落としに適した商品といえます。油性ジェルタイプは、濃いメイクを施している時の、メイク落としを効力を発揮するものです。


ただし、クレンジングによって肌を傷めることがないように、配慮して油性ジェルタイプは製造されています。洗い落とす力が強いと、それだけ皮膚への刺激が強くなりますので、ちょうどいいクレンジングジェルを探すことです。



posted by only-m at 16:33| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。