2015年10月09日

クレンジングオイルの注意点


 メイク落としに欠かせないクレンジング剤ですが、汚れを洗い落とせる力が最も強力なものといえば、オイルクレンジングです。ただし、オイルクレンジングは洗う力が強すぎて、お肌が必要としている皮脂も一緒に洗ってしまうことがあります。


とはいっても、オイルクレンジングは使い方次第では、いい結果をもたらします。ちょっとした刺激なら問題なくクレンジング剤が使える人なら、オイルクレンジングを使っても大丈夫です。


オイルクレンジングとはどのような性質を持っているクレンジング剤なのかを、よく認識して使いましょう。


油分の分泌量が多く、皮膚の厚いTゾーンが、最初につけるといい部分です。クレンジング剤をつける順序としては、皮膚の薄い目の周りや頬は最後にすることがポイントです。お肌への刺激を最小限に留めるためには、手早くクレンジング終わらせることが大事です。


クレンジング剤を少し多めに使うことで、短時間で、手早く洗うことができます。こすれば汚れは落ちるというものではありません。顔に塗ったクレンジングの泡に、油汚れを溶かし出すものです。


汚れとクレンジング剤がよく混ざり合うように、多めのクレンジング剤を皮膚につけていくことが大事になります。洗い湯が熱すぎると皮膚の油分が溶けやすくなるので、ぬるま湯ですすぎます。

オイルクレンジングでメイク汚れを落とす場合も、方法次第で皮膚への負担を軽減することができます。



posted by only-m at 15:17| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。