2015年08月18日

目尻のしわ予防


 年をとると目立つようになる目尻のしわができないよう、目を取り巻く皮膚のケアを重視しましょう。しわができないようにするには、日々のスキンケアがとても重要であると言われています。


人間の顔は、年をとると徐々にしわが多くなります。目尻のしわもその一つで、加齢による肌の乾燥が関わっています。年をとると、肌の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が減少していきます。


また、紫外線の影響で、肌の水分が失われることも見逃せない理由です。目尻にしわができるのは、表情をつくる筋肉の低下にも関係しています。お肌が傷む原因には、長時間のメイクがあります。


帰宅後すぐにメイクを落とす習慣がないと、肌に負担がかかります。しわができてしまうと、なくすことは一筋縄ではいきませんので、何とかしてしわがふえないようにすることが欠かせません。

普段から、紫外線ケアを十分にしておくことが、目尻のしわができないようにするためには欠かせません。季節が夏になる前から、紫外線からお肌を守るためにすべきことを一つ一つ行いましょう。


日焼けどめクリームや、日傘の活用がおすすめです。しわやしみのないお肌でいるためには、早いうちからメイクを落とし、きちんと保湿を行って、肌に余計な負担がかからないようにすることです。


しわのないお肌になるために、目尻のしわ対策に有効なパックや美容液が販売されており、しわを消したいという人が大勢利用しています。しわの解消に効果があるスキンケア化粧品や、紫外線予防に役立つ商品を、上手に利用してください。


posted by only-m at 14:08| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。