2015年10月12日

クレンジングミルクの注意点


 ミルククレンジングは、肌が刺激に弱く、乾燥しやすいという人に向いています。ですがミルククレンジングは、オイルクレンジングよりも洗いあげる力が弱いため、洗い残しが出やすいという欠点があります。


洗いあげる力がそれほど強くないミルククレンジングで毎日の洗顔をするために、洗顔の手順に一手間加えているという人もいるといいます。ダブル洗顔といって、クレンジング後に、洗顔料を使ってもう一度顔を洗うという方もいます。


メイクの汚れがいつまでも皮膚に残っていると、毛穴が十分に息ができない状態が続き、皮膚が化膿したり、にきびができたりします。洗い残しがないように洗顔をする必要がありますが、入念に洗いすぎて肌への負担が大きくなり、肌の乾燥が進むこともあります。


ミルクタイプのクレンジング剤は、洗浄力が弱いため、濃いメイクを落とそうとした時には、メイクを十分に浮かせることができなくなってしまうこともありますので、気をつけましょう。


ミルククレンジングを使う時にも、肌をごしごしこするのは避けたいですし、二度のクレンジングをすると余計に肌に負荷がかかります。思い切って、多めのミルククレンジング剤で洗えば、一度のクレンジングでメイクが落とせます。


適切な方法でクレンジングケアをしたいならぱ、クレンジング剤の取り扱い説明書を見るといいでしょう。お肌をいたわるためには、洗顔の後にはたっぷりの化粧水で保湿をするといいでしょう。


肌が荒れやすく、乾燥しやすい人は、クレンジングを選ぶ時には、天然成分配合の低刺激タイプを使っておくと安心できるでしょう。



posted by only-m at 11:56| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。