2015年12月03日

スキンケア化粧品の種類


 スキンケア化粧品は基礎化粧品という呼び方もされますが、お肌の状態をより良くするために使われる化粧品です。最近は、化粧品メーカーがさまざまな種類のものを開発し、たくさんのスキンケア化粧品が市場に出回っています。


でも、仕事も終わり家に帰れば、まずメイクを落とし洗顔してサッパリした後に、スキンケア化粧品を使って1日のお肌の疲れを癒やしてやりましょう。ここで使うクレンジング用の洗顔料や洗顔石鹸もスキンケア化粧品のひとつだと考えなければなりません。


洗顔後に使う化粧水、乳液、美容液、保湿クリームなどは、当然スキンケア化粧品です。スキンケア化粧品は毎日お世話になるものですから、お肌の状態が悪くならないように、安全で安心なもの、そしてお肌と相性がいいものを使わなければなりません。


値段が高いものや人気がある物、あるいはたくさんの人が使っているものが良いというわけではありません。自分のお肌との相性がよいこと、そしてお肌の状態をよくしてくれるものでなければなりません。


そのためには、添加物の使用量が少なく、お肌のトラブルを引き起こさないものを選ぶ必要があります。


 最近は、コンビニやドラッグストア、通販などでもスキンケア化粧品を買う人が増えています。化粧品店よりも安く買えたり、品揃えが豊富だったりするからです。以前と比べると、気軽に変える状況になっていると言えます。


なので、自分のお肌に合ったスキンケア化粧品を買いやすくなっていると言えます。オイリー肌の人とカサカサ肌の人では、当然のことですが選ぶべきスキンケア化粧品が違います。自分自身がどんな肌なのかを確認した上で、それに合うスキンケア化粧品を選ぶようにしてください。



posted by only-m at 15:03| スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする